SUPフィッシングでGETできる魚たち

 

 

 

ホームゲレンデの北下浦地区は東京湾に面し、様々な魚たちが顔を見せてくれます。

そんな中でメインターゲットとなる魚をご紹介します。

 

 

 

SUPフィッシングのメインターゲット「シーバス(スズキ)」。

基本的に年中釣れますが、東京湾の湾奥から産卵のため、三浦半島沿いに群れが入る11月頃が魚も濃くなり、狙い時です。ミノー、バイブレーション、時にはトップまで様々なルアーを追ってくれるので、ルアーフィッシングの練習に最適なターゲットです。

80cmオーバーのランカーサイズも狙え、迫力満点のSUPフィッシングが楽しめます。

カッコいい魚ですが、ヒレの先が硬い針状になっているので素手で触るのは危険です。

必ずフィッシュグリップを使いランディングしましょう。

インフレータブルボードの場合はヒレで穴を開けないよう、十分、気を付けてください。

北下浦で釣れる個体はとても綺麗で美味です、刺身、あらい、ソテー、フライ等、どんな調理でも美味しくいただける魚です。

梅雨が過ぎ夏になると、「青物」と呼ばれる背中の青い系の魚が姿を現します。

その中でもブリの幼魚である「イナダ」は強烈な引きが楽しめるSUPフィッシングのターゲットです。鎌倉ではイナダを対象魚としたSUPフィッシング大会「イナダクラシック」が開催されています。

ワカシ>イナダ>ワラサ>ブリと大きさで名前が変わる出世魚で30~50cmくらいの大きさを「イナダ」と呼びます(関西では「ハマチ」)。

高速移動する青物はルアーの見極めが早く、ゆっくりしたルアーアクションでは偽物と見切られてしまいます。

メタルジグやメタルバイブ等、キラキラして速く引けるルアーを使用するのが鉄則です。

身体にトゲ状のモノはないので釣れたら、ボード上に上げて、足や手で挟んでも大丈夫。

ただし、とにかくバタバタとパワフルに動くので、咥えたルアーで怪我をしないように気を付けましょう。

刺身が一番ですが、やや小さめのものは、サクのまま冷蔵庫で1~2日置くと、熟成され、さらにおいしくなります。

 

9月~10月頃、東京湾の観音崎沖にはルアーやテンヤでタチウオを狙う遊漁船の大船団が形成されます。

その時期、北下浦ではSUPでタチウオが狙うことができます。

基本的にはメタルジグでの釣りになります。歯がカッターのように鋭いので、確実に獲るにはルアーとラインの間にワイヤーを入れると効果的です。

歯に素手で触ると、スパッとやられます。とても危険なので、首の部分をしっかりと掴んで、ペンチ等での処理が必要です。

捌くのはとても簡単で頭を落とし、身体を短く切るだけでOKです

ドラゴンと言われるほど、見た目は怖い魚ですが、とてもおいしい魚です。

刺身、塩焼きがポピュラーですが、刺身の皮部分をバーナーで焼いた「炙り」が最高です。

根と根の間の砂地では底物と言われる「マゴチ」や「ヒラメ」等のフラットフィッシュが顔を見せます。年中釣れる魚ですが、寒くなると油がのり、旬を迎えます。

ゆっくりと海底で待っている印象ですが、実はかなり獰猛で、エサを見つけるやいなや海面近くまでルアーを追ってくるときもあります。

メタルジグやメタルバイブ、ジグヘッド+大型のワーム等がお薦めルアーです。

マフラットフィッシュを美味しくいただくには、やはり刺身です。

テクニックのいる5枚おろしですが、おいしいお造りのためにマスターしたいところです。

自代表的な魚を紹介しました。この他にも、マダイ、ホウボウ、カンパチ、アオリイカ・・・

SUPフィッシングでは、様々な魚たちが遊んでくれます!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

爆釣、期待しています!

<店舗・スクール・荷物送り先>

〒239-0843

神奈川県横須賀市津久井1-2-11 TEARS内 ヨコスカパドルクラブ宛


<事務所・郵便送り先>

〒239-0842

神奈川県横須賀市長沢1-14 B-208  

(株)H2スポーツクリエイション 原 宛